CnetOS8でdnsmasqが起動してくる

top20200201_dnsmasq

CentOS8でpdns_recursorを使っていたのですが、dnsmasqが既に53番ポートを使っていて起動できないという事がありました。

とりあえすsystemdからdisableにしようと思ったのですが…

# systemctl status dnsmasq
● dnsmasq.service - DNS caching server.
  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/dnsmasq.service; disabled; vendor preset: disabled)
  Active: inactive (dead)

どうやら既にdisableになっていました。 おかしいなと思って調べていくと、dnsmasqを起動させてるのはlibvirtだという事がわかりました。

どうやらNAT接続用の仮想マシンにDHCPサーバーやDNSサーバーを提供するためにdnsmasqが立ち上がるようです。

これらの機能はとりあえず自分は使っていなかったので、該当するネットワークを削除する事にしました。

# virsh net-list
 Name                 State      Autostart     Persistent
----------------------------------------------------------
 default              active     yes           yes

確かにactiveになっています。

# virsh net-destroy default
Network default destroyed

# virsh net-list
 Name                 State      Autostart     Persistent
----------------------------------------------------------

するとdnsmasqのプロセスが消え、無事53番ポートが空きました。


top20200201_dnsmasq